卒業生の声

プログラミング未経験、文系大学生がエンジニア就職に成功

クリプテックの3か月コースを受講し、エンジニアへの就職を成功させた近藤さんへのインタビュー

  シェア   0
デビル
こんにちわ。クリプテックのインタビュー担当、デビルです!
今回は、クリプテックの3か月コースを卒業後、エンジニアとしての就活に成功した近藤さんにインタビューさせていただきました。
まずは近藤さんのプロフィールをご紹介します。

近藤さん 一橋大学4年生

三重県出身。大学時代に北海道で研究したときに、自然の豊かさや通勤の時間のもったいなさなどを感じ、将来は恵まれた自然環境の中で過ごしたいと考えるようになった。

就活でどういう仕事をしていきたいか考えた際、これから(未来)を作る仕事に携わっていきたいと思ったがやったことがないため、就職して自分に合わない可能性があると思い、エンジニアリングが自分の性格に合うかどうかチェックするためにクリプテックに。

クリプテックで3か月学習後、複数社から内定をもらって志望通りの会社に入社予定。将来地方で働く際にも役立つ、“エンジニア”という職業に興味を持った。

デビル
まずは就職、おめでとうございます!
近藤さん
ありがとうございます!就職してから失敗したくなかったので、本当にスクールに通ってよかったなと実感しています。おかげで複数の会社から内定をいただき、そのうちの第一志望であるWeb系の会社にエンジニア(Java/Ruby/PHP)として内定をもらうことができました!

まったく興味が持てないゼロからのスタート

デビル
近藤さんは最初プログラミングにまったく興味がなかったと聞きましたが?
近藤さん
はい。そうなんです。就活で知るまではまったく興味湧かなかったんですが、就活で知ってからこれからの未来をつくる仕事だと感じ、興味を持ち始めました。
ただ、自分に合っているかがわからなかったため、学んでみてから決めようと思い、まずはインターンを考えていたんです。

デビル
インターンですか?
近藤さん
はい。最初はプログラミングを学べそうなクリプテックのインターンを希望していたのですが、スクールの方が学べそうだと感じ、スクールに切り替えました。

スクールに行かなかったらエンジニアにはなっていない

デビル
独学は検討しなかったのですか?
近藤さん
もちろん考えました。1人でpythonを勉強しようと思ったことはありましたが、周りに誰もやってないので別にやらなくてもいいかな、と思ってしまったんです。

そこで、本気度を高めるためにもスクールに通おうと考えました。実際にやってみて、独学だったら重要性は感じていながらもここまでやれなかったと思います。

  • 義務感/使命感ができたこと
  • 自分で決めた&お金を払ったこと
  • 毎週のレッスンがあること

この3つのおかげでここまで続けることができたと思います。

近藤さんがクリプテックを選んだ理由

デビル
数あるスクールの中でなぜクリプテックを選んでもらえたのでしょうか?
近藤
他のスクールと比較した時に、他のスクールは大勢いる生徒の1人という感じですが、うち(クリプテック)は生徒第1号ということもあり、大事にしてもらえると感じました。

正直、受講前はオフラインの方がまわりに人がいていい環境なのではないかと考えるなど、オンライン×1人で勉強することに対して不安はあったんです。

でも実際やってみると、むしろオンライン×1人で勉強という状況をしっかりやっていく気力すらないなら、将来フリーランスなんてできないと思ったのもオンラインを選んだきっかけです。

デビル
スクールに入るまでに勉強はしていましたか?
近藤さん
していませんでした。スクールに入ることが決まった後で渡された宿題ProgateのHTML/CSS程度です。
デビル
実際勉強はどのくらいしていましたか?
近藤さん
取れるときは平日/休日問わず半日くらい、取れないときは全然とれていませんでした。平均すると1日2時間程度かと思います。

また、北海道で研究していた期間と教育実習期間はスクールを一旦中断させてもらって研究や教育実習に集中していました。

デビル
中断したことについてはどう思っていますか?
近藤さん
可能なら休まずに勉強を続けた方がよかったのですが、複数のことを同時にこなすのが難しいタイプなので自分の中では良かったと思っています。

休んでいた期間に学んだことを多少忘れてしまったのはダメなんですけど(笑)

柔軟に対応してもらえたおかげで中途半端にならず、勉強することができました。

クリプテックを受けた正直な感想

左; 近藤さん、右; 担当講師の高城
デビル
クリプテックで勉強してみた率直な感想を教えてください。
近藤さん
よかった点は大きくわけて4つあります。

  • 覚えが悪く何度も同じことを聞いてしまっても、呆れたりせず何度でも教えてくれた
  • 世界(視野)が広がる助けになった
  • サポート時間も長くて助かった
  • いつでもどこでも教えてもらいながら勉強できた

やってみるとむしろオンラインの方が自分の都合で勉強する時間を確保できるので、オフラインで通うよりも勉強が進むのではと感じました。

デビル
サポートはどんな部分がよいと感じましたか?

近藤さん
質問に答えてもらえるのが非常に助かりました!いつ質問しても返信が早かったので、時間のロスが少なくてありがたかったです。

自分で開発したオリジナルサービス

デビル
オリジナルサービスはどんなものを作ったのでしょうか?
近藤さん
インスタのような感じで美味しそうなご飯の写真を投稿し、コメントや説明を加えてシェアできるサービスを作りました。

自分の好きなものであり、教科書の応用っぽいものを作れば復習になるかと考えてのことです。

デビル
どんな点に苦労されましたか?
近藤さん
教科書で作った応用編として作成することに決めたので、それが完成したらよりオリジナリティの高いものを作ろうと思っていました。しかし、時間的にそこまではたどり着けなかったのが残念です。

これから、どうなっても生きていける力を身につけたい

デビル
これから受講を検討している人に一言お願いします!
近藤さん
僕は就活をきっかけに興味を持ち出しましたが、もし少しでも関心を持つことがあれば、やってみて向き不向きや自分の興味に気づけると思います。

なので、とりあえず自分に投資してやってみることが大切だと思いました。特に就活を迎える人こそ、向き不向きは知っておくことが重要です。

プログラミング必修化という話もあるし、これからの時代に取り残されないためにもプログラミングは必要なことだと思うので、ぜひ一歩踏み出してみてください!

自分のサービス作れて嬉しい。プログラミングにはまった文系女子大生の話

人生を変えた就活面接からスクール創業までの話