転職

海外と日本で全然違う。転職事情の比較

転職の回数やキャリアに対する考え方の違いとは?

  シェア   0

転職に対する考え方は、日本と海外で大きく異なります。日本では転職の回数が多いとネガティブなイメージに捉えられることも少なくありません。しかし、海外では転職はキャリアアップのための手段として頻繁に行われています。

今回は日本と海外の転職事情の違いについて比較し、転職の回数やキャリアに対する考え方の違いを紹介します。

 

日本における転職のイメージ

まずは日本国内での転職に対するイメージを確認してみましょう。転職に対する考えは人それぞれ異なりますが、良い印象と悪い印象はそれぞれ以下のようになっています。

【日本での転職に対する良いイメージ】

  • より待遇の良い会社に勤めることができる
  • 実力に応じてヘッドハンティングで引き抜かれる

 

【日本での転職に対する悪いイメージ】

  • 転職回数が多いと 再就職や昇進が不利になる
  • 1つの会社で長く頑張れない人という悪印象がつく
  • やりたいことが定まっておらず不安定な印象で見られる

 

日本では、かつては終身雇用制度が存在し、大きな会社に入ってしまえば生涯そこで働き続けるのが普通でした。しかしバブルの崩壊とともに終身雇用制度が成り立たない企業が増え、大企業であってもリストラや倒産リスクが高まっています。

しかし転職に対するイメージは、未だに終身雇用制度が残っていた時代のままということも多いです。短いスパンで転職を繰り返していると「1つの会社に入って長く頑張れない人」というイメージがついたり、「せっかく入社できたのになぜもう辞めてしまうの?」と心配されたりします。

一方で、IT業界などの一部の業界では、優秀な人がヘッドハンティングで引き抜かれるということもあります。 全体としては、転職という選択に対してはネガティブなイメージが根強いようです。

 

海外における転職のイメージ

次に海外における転職のイメージについてみていきましょう。海外、特にアメリカなどでは転職に対して日本と反対のイメージが持たれていることが多いです。

 

【海外での転職に対する良いイメージ】

  • 自分のスキルに応じてより高い報酬の職場に転職できる
  • たくさん転職することでスキルの幅が広がる
  • 働きやすさなど満足できる職場環境を求めて転職する

 

【海外での転職に対する悪いイメージ】

  • 能力がない人は一つの会社にとどまるしかない
  • 同じ職場にいる限り給料や待遇が変わらない
  • 転職をしないとスキルアップやキャリアアップに繋がらない

 

海外ではもともと終身雇用制度が存在せず、実力主義、成果主義での雇用が基本となっていました。そのため一つの会社に雇われて色々な職務に着くというよりは、個人の能力を適切な職種にあてがうというようなイメージで雇用が行われます。

能力次第でより報酬の高い職業についていくのが転職に対する一般的なイメージです。スキルアップやキャリアアップのために数年単位で転職を繰り返す人も多くなっています。

一方で、自分の能力を高めることができない人は、ずっと同じ職場の同じポジションで給料が変わらないと考えている人が多いです。一つの会社で頑張り続けるのが良いとされている日本の転職観とは反対になっています。

 

転職の回数の違いは?

日本では1つの会社に5年間や10年間という期間で勤めて転職をする人も多いので、生涯で転職する回数が3~4回より少ないというパターンが普通です。

一方で、海外では転職を繰り返すことによってスキルアップやキャリアアップを図っていくという考え方のため、転職の回数が10回を超えることも珍しくありません。

 

まとめ

今回は日本と海外の転職事情を比較して紹介しました。日本と海外では転職やキャリアアップに対する考え方が根本的に異なるため、海外の方が転職する回数は多くなっています。

日本ではかつての終身雇用時代の考え方がまだ残っているため、転職に対するイメージは海外ほど明るくありません。しかし、今後は日本の働き方や転職に対するイメージも徐々に変わっていくでしょう。