転職

今からでも遅くない。これからの時代に転職するべき職業

今後、需要が高まっていく職業とは?

  シェア   0

インターネットの普及や AI の登場によって、需要が高い職業は大きく変化してきました。これからの時代、コンピューターや人工知能で代替できる職業は淘汰されていくと言われています。

そんな中でこれからの時代に転職するべき職業はどんなものなのでしょうか?今回は将来性が高く今からでも転職可能な職業について紹介します。

 

これからの時代の職業選びのポイントは?

具体的な職業についてみていく前に、これからの時代に活躍できる職業の条件について考えてみましょう。以下のような条件を備えている職業は、将来性が高くなっています。

【将来性が高い職業の共通点】

  • コミュニケーションや創造力が必要とされる
  • 場所に縛られない仕事
  • 英語などを使い世界のニーズにこたえられる
  • 高齢化社会でも需要が減らない

 

コミュニケーション能力が重要な職業は、最新の人工知能にも淘汰されないと言われています 。人間同士のコミュニケーション力が発揮できる職業は将来性が高いです。

また今後高齢化社会になっていく中で日本の人口は減っていきます。そのため地方など場所に縛られない職業であったり、英語などを使って世界のニーズに応えられる職業将来性が高いと言えるでしょう。

 

一方で、以下のような条件の職業は将来性が低いです。

【将来性が低い職業の共通点】

  • 単純作業を繰り返すような職業
  • 場所に縛られる仕事
  • ニーズが縮小していくことが予想される職業

 

単純作業を繰り返すような仕事の場合、今は働き口があっても機械や人工知能に取って代わられる日がきます。また場所に縛られる仕事も自由度が低いため、変化していく時代についていけなくなる可能性があります。今後ニーズが縮小していく業界も将来性が低いです。

 

将来性が高い職業① エンジニア、プログラマー

将来性の高い職業としてあげられるのが、エンジニアやプログラマーなどの技術職です。最近では多くの企業がアプリ開発やシステム管理の技術を必要としています。

エンジニアやプログラマーは海外でも需要が高く、ネットが繋がるところであればどこにいても仕事が可能です。 IT業界の技術職は将来性が高いと言えます。

 

将来性が高い職業② カウンセラー

カウンセリング業務コミュニケーション能力が必要とされる仕事です。メンタル面でのケアを行う心理カウンセラーだけでなく、化粧品のカウンセリング販売や、衣服のスタイリングなどのカウンセリングも淘汰されにくい職業といえます。

 

将来性が高い職業③ WEBデザイナー

インターネットが普及した現在、Web サイトは企業のビジネス活動における大事なツールです。反応の良いウェブサイトを作れる Web デザイナーは国内外からたくさんの仕事を受注することができます。 Web デザインのスキルはこれから身につけておくべき能力の一つです。

 

将来性が高い職業④ マーケター

マーケティングを行う職業も、アイデアや発想力、問題解決力が必要とされるためこれからの時代に生き残りやすくなっています。これからは、市場のニーズをいち早く読み取ってスピーディーにマーケティング施策ができる人が活躍できる時代です。

 

将来性が高い職業⑤ 営業マン

営業マンコミュニケーションスキルや問題解決能力が必要とされる職種の一つです。顧客のニーズに合わせて適切な解決策を提案できる営業マンは、これからも重宝されていくでしょう。

 

将来性が高い職業⑥ インストラクター

インストラクター業務機械や人工知能に代替されにくい職業と言われています。高齢化社会に向けて体を動かすヨガインストラクターやスポーツインストラクター、広い範囲ではリハビリのインストラクターなども活躍しやすい職業です。

 

まとめ

今回はこれからの時代に転職するべき職業について紹介しました。今後活躍できる職業の条件をもとに、自分の力を最大限発揮できるキャリア選択を進めていってください。