テクノロジー

最先端技術のARとVRは何が違うの?素朴な疑問に解答

最先端技術のARとVRの疑問

  シェア   0

VR(仮想現実)とAR(拡張現実)は最先端技術であり、私たちの暮らしを豊かにするだけでなく、多様なジャンルに普及し、市場規模が拡大すると期待されている技術ですが、ARとVRは何が違うの?といった素朴な疑問に解答させていただきます。

ARとは?VRとは?


AR(Virtual Reality)とは、実際にある画像や映像とCGを合成することにより、現実の世界に仮想空間を作り出す技術。特徴は、ゼロから新たに作り上げるのではなく、現実世界の情報を用いて、別に作り上げられた情報を加え、現実を「拡張」する技術となり、ポケモンGOやSNOWなどのスマホアプリなどで認知度がアップした技術でもあります。現在では、位置情報のアシストや医療の分野などさまざまな用途に活用でき便利なだけでなく、エンターテインメントとして楽しめるアプリが多く作成されています。

VR(Augmented Reality)とは、現実世界には形がないが、あたかも実質的に現実にある環境を人工的に作り出す技術。
Playstation VRなどの、頭にゴーグルをつけ別世界を写し出し体感することが出来ます。また、運転技術の習得や、手術トレーニングにシミュレーション。ショッピングなどが行えるようになています。VR空間にある店舗の中を歩きまわりながら、実際にショッピングが行えるサービスも行われています。

ARやVRを作成するプログラム言語

ARやVRを利用するためには、アプリやソフトウェアの開発がメインとなる目標である方が覚えるべきプログラミング言語はUnityとなるでしょう。

Unityは、近年スマートフォンアプリゲームの業界などで使われることが多くなってきた3Dゲームエンジンです。世の中の VR と AR の 3 分の 2 以上で利用され、3Dビジュアルベースの開発環境であり、最新かつ最高の没入型の技術をお使いいただくには最適なソリューションと言われていて、手軽に早く開発を行えることから、ゲームやアプリなどのプロトタイピングでも効果を発揮しています。

まとめ

VRやARは、すでに日常でも活用されている身近な技術です。まだ、注目されてから日が浅い技術でもあるため、日本だけでなく世界中で可能性に注目がよせられています。これから、ARやVRを使用したアプリやソフトウェアを開発する際はUnityを学び開発の第一線で活躍することも可能となるでしょう。