テクノロジー

現代社会でAI(人工知能)がどのように活用されているか

すでに私たちの生活に慣れ親しむAI(人工知能)

  シェア   0

現代社会では、既にAI(人工知能)が活用されています。しかしどのように活用されているか知らない方も多いと思います。今回は、AIの活用方法・身近な事例に、ビジネスにおける活用例までご説明します。

身近な存在になったAI技術


身近なところで活用されているAI(人工知能)の技術のいくつかの事例を見ていきましょう。

店舗スタッフAI

ソフトバンクは、「愛を持ったロボット」をコンセプトとする、人間の感情も認識できるロボット「Pepper(ペッパー)」の開発を進めています。最近では、ソフトバンクの店頭だけでなく、サーティーワンなどの店頭にも設置しているお店も増え、集客率アップに貢献しています。子供からの人気も高いAIロボットです。

自動車の自動運転

近年、AIを組み込んだ自動運転技術の開発に、トヨタや日産にアウディなど日本のみならず世界の大手自動車メーカーが乗り出しています。画像認識機能や、音声認識機能から得られる情報を用いて人間が見落としそうな危険となる、通行人・対向車、信号、標識などを感知するや、駐車している車が動き出す瞬間を察知するなど、人間と同じような水準で認識することが可能となる人工知能の研究開発が行われています。
もし、完全自動運転が実現すれば、ペーパードライバーや高齢者の自動車運転が可能となるため、クルマ離れがささやかれる若い世代もクルマを持ちたいと感じる方は増える事にもなるでしょう。また、AIで動く車ばかりになれば、事故率の減少にも繋がるのではないかと期待されている技術でもあります

お掃除ロボ

発売当初、一度は欲しいと思った事のあるお掃除ロボットの「ルンバ」。
AIが搭載されたルンバは、内蔵されたセンサーにより、室内の障害物を避けながら、部屋の隅々まで掃除を自動で行ってくれます。部屋の間取りや家具の配置などをデータとして設定することで、同じ道を通ることがないといった優れた技術です。掃除が終われば、ルンバが自ら充電器のある位置まで戻るのにも驚かされた方もいるでしょう。

ビジネスの現場でも活躍中のAI

ビジネスの現場でAIが活躍しているのが、ビックデータによる使用となります。
ビッグデータとは、構造化データか非構造化データかを問わず、ビジネスや研究の現場に溢れている大量のデータを意味します。

ビッグデータ活用方法において重要なのは、大量のデータを持っていることが重要ではなく、データを使って何をするかになります。あらゆるソースからデータを採取し分析することによって、目標の達成につながる解答を出すことが可能です。主な目標としては、コスト削減、時間の節約、新製品の開発と市場投入の最適化、意思決定のスマート化など、効率的にビジネスを行う環境を作り出すことが挙げられます。

まとめ

AIの活用はどんどん幅を広げていくことになるでしょう。高齢化社会になる日本において、介護や医療の現場などでAIを導入することにより、人手不足問題を解消する可能性も示唆されています。
AIが搭載された介護ロボットも開発され、顔認識の機能により、お年寄りの会話や気持ちを感じ取り、会話ができるそうです。近い未来にはAI技術の開発が進むことで、時代の流れで現代社会が抱えている問題を解消することにもつながと言われています。

そのため、AI技術を発展させるためのプログラミングなども需要が高まる一方であり、人工知能は活用範囲がとても広く、最先端技術を学ぶことも出来るため興味がある方は、詳しく学んでみてはいかがでしょう。