テクノロジー

今注目のIoTのビーコンとは?GPSと違う特性を解説

IoTに搭載されるビーコンってどんな技術にお答えします。

  シェア   0

「位置情報を把握する」というとGPS技術を思い浮かべる方は多いと思います。そして、今注目のIoTのビーコンはGPSと同じようで、全く異なる技術になります。今回は、ヒトとモノを繋げるIoTのビーコンについて解説いたします。

ビーコンとGPSの違い


まず、ビーコン(Beacon)は信号を発信する発信機そのもののことを指します。
そして、GPSは人工衛星から発する電波を利用することにより、位置情報を把握する仕組みです。この二つの違いは、発信源が異なるということです。

そのために、GPSは電波が遮断されてしまう建物の中や地下だと受信することが出来ない環境になると言ったデメリットがあります。その点、ビーコンは端末のBluetoothがオンになっている限り、建物の中や地下でも電波を受信することができます。

ただし、ビーコンはある一定の距離内でしか受信するができません。
しかし、GPSは人工衛星が発信源になるため、広範囲で受信することができるのがメリットになります。

ビーコンの利用法とは

GPSと聞けば、カーナビや携帯電話に搭載されている事は周知されていますが、ビーコンは?
といった疑問も生まれるでしょうが、既に私たちの生活の中で利用されている技術に、ビーコンは存在しているのです。

ビーコンは、Bluetooth信号を発信し、端末に位置を知らせる発信機であり、スマートフォンに導入されている技術になります。このBluetoothを利用したサービスは数多くあり、道案内の効果の促進にも繋がり、建物の中での位置や動きなども詳細に情報収集することも出来るので、ビジネスとして、位置情報と通知を組み合わせたマーケティングにも適しています。

現在、LINEが提供する「LINE Beacon」のアプリを使用する顧客の位置情報を把握することで、効果的なマーケティングを行うことができるようになります。顧客ユーザーが近くの店舗・店頭を通ると、クーポンや商品情報がLINE経由で通知されるという機能です。ユニクロやソフトバンクなど様々な企業が活用しています。

また、ビーコンを搭載したキーボルダーなどの専用端末を使用し、高齢者や子どもの位置情報や履歴を、保護者などのスマホアプリやPCに情報をメールやアプリに通知し把握することが出来る、システムも構築されています。

まとめ

ビーコンを使用した、Bluetoothの性能のお陰で、暮らしを豊かにしてくれるサービスが増えるだけでなく、ビジネスマーケティングにも使用が出来る技術として、これからさらに注目されていく事になるでしょう。

また、最先端技術のBLEを使用したアプリ開発を目指すのであれば、SwiftやJavaといったプログラミング言語を学ぶことでアプリ開発を行うことができます。