スクール

プログラミングスクールと独学の決定的な違い

プログラミングを学ぶなら知っておきたいポイント

  シェア   0

最近は、プログラミングを学習するための様々な方法があります。

Webデザイナーとして活躍したいなら、HTMLやCSSなどのプログラミング知識は必須です。これらの知識を身につける方法には大きく分けて2種類あり、プログラミングスクールに通うか、独学で学ぶかを選ぶことができます。

しかし、プログラミングスクールと独学には決定的な違いがあることをご存知でしょうか?効率的にスキルアップしたいなら、この違いを押さえておくことが大切です。そこで今回は、2つの学習方法の間にある決定的な違いについてご紹介します。

 

独学だと学べないことがある

実は、プログラミングを学ぶ際に独学では学べないことがあります。主な項目は以下の通りです。

【独学では学べないことの例】

  • 現場で実際に役立つノウハウ
  • 自分に本当に必要なプログラミング知識
  • 学ぶための最短ルート
  • ほかの学習者との交流や進度比較
  • 分からないことを質問できる機会

 

プログラミングの書籍やノウハウを解説したWebサイトはたくさんありますが、それでも上記に挙げたようなポイントはカバーできません。特に、プログラミングを始めて勉強する場合は現場経験がないため、どんなスキルが本当に必要か分からないのが決定的な違いとなります。

また、独学ではほかのプログラミング学習者と進度の比較ができないことも、決定的な違いの一つです。自分一人で学習していると、ペースが速いのか遅いのか分からず不安になることもあります。

 

現場経験がある先生に教わった方が効率的

プログラミングの知識を学ぶゴールは、実際に現場で使えるスキルを身につけることです。そのため、現場経験がある人からプログラミングを教わった方が、独学よりも早く目的を達成できます。

プログラミングを独学するために作られた教材は、幅広い知識が網羅されています。しかし、実際に現場でよく使うスキルと、あまり使わないスキルが両方紹介されていることが多いです。

初心者はそれらを取捨選択することができないので、プログラミングスクールで現場経験がある先生から教わる方が効率的に学習できます。

 

独学のメリットは?

プログラミングを独学することにもメリットはあります。主なものは以下の通りです。

【プログラミングを独学するメリット】

  • 無料教材を使えばお金がかからない
  • 自分で調べるのが好きな人には向いている
  • 幅広い知識が将来的に役立つ可能性もある

 

独学では現場で使えるスキルを最短ルートで学ぶことはできませんが、その分お金がかからないのがメリットです。また、身につけた知識がすぐに役立たなくても、将来的にはその知識が仕事に活きる可能性もゼロではありません。

 

プログラミングスクールと独学はニーズに合わせて選ぼう

プログラミングスクールと独学は、両方に長所と短所があります。そのため、自分のニーズに合わせて学習方法を選ぶのがおすすめです。

プログラミングスクールに通う場合はその分のお金がかかりますが、すぐに仕事でつかえるスキルが身に付くのですぐに回収できます。自分のスキルを短期間で磨いて現場で活躍したい人は、プログラミングスクールで学ぶのがおすすめです。

独学の場合はスクールに通うお金がかかりませんが、現場で役立つスキルを身につけられるかどうかは自分のセンスや努力量次第となります。モチベーションを保つのが難しいというデメリットもあるので注意しましょう。

 

まとめ

今回は、プログラミングスクールと独学の決定的な違いについて解説しました。

仕事に役立つ知識を最短で身につけたいなら、プログラミングスクールで学ぶのがおすすめです。一方、スクールに通うお金をかけずに、時間をかけて自力で学びたい人は独学が向いています。自分の目的に合わせて最適な学習方法を選んでください。