Ruby

オブジェクト指向のスクリプト言語のRubyの特徴について

純国産のプログラミング言語のRubyとは

  シェア   0

Rubyは日本人が開発したオブジェクト指向スクリプト言語です。Webアプリケーションを作るときに使われる人気の言語で、現在Rubyエンジニアの需要は高まっています。今回は、話題のRubyの特徴についてお伝えします。

Rubyの特徴について

Rubyとは、日本人のまつもとゆきひろさんによって開発された、オブジェクト指向のスクリプト言語。国際規格に認証された純国産のプログラミング言語で、「Twitter」「食べログ」「クックパッド」など、有名なサイトもRubyで構築されています。「Rubyの言語仕様策定において、最も重要しているのは、ストレスなくプログラミングを楽しむことである (enjoy programming)」という開発者の思いを元に設計されています。

Rubyの特徴は、変数の型付けがないため記述も少なくシンプル。自由度が高い特徴となっています。この自由度の高さから、様々な表現を行うことができるため、表現力豊かな言語とされています。

Rubyは初期の開発段階からPerlの代替えが出来るよう重視され設計されたため、Perl同様に、コンポーネント同士を結びつけることを主としたグルー言語としての使い方が可能となります。

Rubyは遅い?


インタプリタ方式で実行するため、コードを作成した直後から実行できるメリットがありますが、プログラムを実行するたびに変換する。プログラムを1行ごとに実行するので「遅い」という印象が強い方式とされていました。しかし、現在ではコンピュータの性能も向上したこともあり、その作業の簡略性により、企業などで採用されることも増えています。

また、Ruby本体に組み込まれたライブラリも充実しているため、ライブラリに含まれるクラスやモジュールを簡略化できます。また、Webフレームワークである「Ruby on Rails」を活用することで、Web系分野で効率良く制作の手助けをしてくれます。

Rubyは日本語のドキュメントも多く、最新情報も早い段階で情報が出回り、まとめサイトも豊富なため学習しやすい環境にあります。英語が苦手な人はRubyから学んでみるのもオススメ。

まとめ

Rubyは学術分野である機械学習などの開発も出来ますが、Pythonよりも効率が悪いとされます。特徴を生かすのであれば、効率よく自由な開発表現が出来るWeb系開発に向いています。

また、自身が何を作りたいかをよく考え自分に合ったプログラミング言語でないと、学ぶことだけでなくビジネスとして長く続けることが苦痛に。開発の目的意識を、しっかりと考慮することが、初心者のプログラミング選びには重要です。