Python

初学者も注目しているPythonの特徴や得意分野について

現代の最先端技術に対応するPythonを学ぼう!

  シェア   0

時代のニーズでもある「ビッグデータ」「IoT」「機械学習」という需要が高まる現代においてPythonは、データ分析・解析に向いています。今後の動向も期待できるPythonは、プログラミング初心者にも注目されている言語です。今回は、Pythonの特徴や得意分野についてお伝えします。

Pythonの特徴

Pythonとは、1991年に登場した汎用のプログラミング言語。オブジェクト指向スクリプト言語とされ、ライセンスはPythonソフトウェア財団が管理していますが、Pythonはオープンソースで提供されているため、自由に使用・配布・実装が出来ます。汎用性の高いPythonは様々な言語の良いところが取り入れられていて、特にC言語系やJavaからスキルアップする人にもオススメなプログラミング言語。また、Pythonを使用した開発は「Facebook」「Instagram」「YouTube」などで利用されています。

Pythonの特徴として挙げられるものは、プログラムの区切りであるブロック構造を書く際に、C言語やJavaのような「{}」を使用せず、インデントを使用する統一性のあるシンプルな構文。そのため、高レベルな動的型付け言語がシンプルな構文を可能としています。

初心者も安心できる充実内容


Pythonを習う上で、強力なライブラリが充実しています。
数値処理が高速でできる「numpy」。化学計算用のライブラリが詰まった「scipy」。自然言語処理に適した「NLTK」。統計処理や機械学習に「scikit-learn」。
このような、化学計算用や学術系の強力なライブラリが充実しているのも、学ぶ上ではメリットとなります。ライブラリが豊富で、数字における分野から、データーベース・Web開発やGUIアプリ作成まで、あらゆる開発を可能とするため世界で有力視されています。
現在、注目を浴びるビックデータ解析などに使用され、今後はさらに需要も拡大するでしょう。海外を含めた活躍の場が与えられる言語ですので、習得すればメリットは多大です。

また、Pythonで出来ないことや高速性が必要になる場合には、C/C++で拡張モジュールの作成や、既存コードをSWIGやBoost.Pythonを使用することも可能となり、ラップされたモジュールはPythonコードを同じようにプログラムの中から呼び出し、組み込みも簡単に行えます。また、アプリケーションの中にPythonを組み込み、スクリプトインタフェースとして利用することも可能です。

まとめ

Pythonは完全なドキュメントを提供しているだけでなく、既存言語ユーザ向けのチュートリアルや、初心者向けのチュートリアルも提供している。独学でも勉強しやすい環境にあるプログラミング言語。日本での需要はまだ少く扱う分野が限られるでしょうが、海外を視野に入れたビジネスプランをお持ちの方にとってPythonは最適なプログラミング言語となります。