プログラミング入門

プログラミング言語を一つ覚えるための心構えが大切な理由

挫折しない為のプログラミングへの心構えについて

  シェア   0

現在プログラミング言語は約200種類以上の言語が存在していて、その中で一つの言語を習得するには、1000時間はかかると言われています。そのため、何も考えずにプログラミングを始めようとすれば危険です。言語を一つ覚えるための心構えが大切な理由についてお伝えします。

プログラミングの世界は奥が深い


学習時間がいくらあっても足りないプログラミング。
この世界に足を踏み入れる場合、どの言語を勉強していくのが良いか。どれぐらい理解できればいいのかも分からないという初心者の方は、まずはゴール地点を確認すべきでしょう。
スマホアプリが作りたいのか、サーバー系の仕事に就きたいのか。どこに向かっていくかが、はっきりしていなければ、迷走する可能性も高まり集中して学習が出来ません。

なにより、約200種類以上のプログラミング言語があるため、スタートを間違えてしまえばゴールまでの道のりも遠くなります。もちろん、フリーランスで仕事に繋がらなければ、収入もない状況になるのは言うまでもありませんね。実際に、よく使われている人気の言語を勉強することで、作りたい物が作れる。プラス社会で必要とされる人材。これに合致していなければ、学ぶ意味がありません。

プログラミングの勉強に必要な気持ち

日本国内でプログラミングを勉強したことがある・ない関係なく、心理的にプログラミングは難しいものと感じるようです。

しかし、プログラミングは誰にだって習得ができます。
何も理数系を先行した学生だけの就職先ではありません。どうしても難しいイメージや、仕事としての忙しさなどの情報を聞けば、心理的にハードルが上がるのも理解できます。

それでも、プログラミングを独学で勉強することは可能なのか?といった問い質せば、出来る人と出来ない人が生まれるのも当然です。独学であれば、圧倒的に分からずじまいで投げ出してしまう方が多いと言われています。しかし、現在ではインターネットの普及により、丁寧な学習サイトも増え、しかも無料で学べるサイトも豊富でコストも下がってきてもいます。
そのため、本気でプログラミングを学ぶのであれば、オンラインであれ、オフラインであれ、学習環境を整えてあげる事が重要です。分からない事を教えてくれる教師がいるか、いないかもプログラミングを習得できるか変わってきます。

まとめ

今回は、プログラミング言語を学ぶための心構えについてお伝えしました。独学で学ぶには生半可な努力なしには習得できません。周りに言語を教えてくれる友人などがいればまだいいのですが、聞ける環境がないことは学ぶ意欲を削ぎ落す事にも繋がるため、環境を整えた上で、ゴール地点を見据えた勉強を取り入れましょう。そして、社会で通用する力があれば、フリーランスであろうと、世界でも通用する技術者になれる可能性はありますが、ただし初心者の方は、1000時間以上の努力を続けられるという、気概もなければならない事を覚えておきましょう。