プログラミング入門

プログラミング言語のSwiftの特徴や出来ることを解説

MacユーザーをターゲットとするSwiftについて学ぼう!

  シェア   0

Apple製品を利用した開発に携わりたいと現在考えている方は、iOSやMacのアプリケーションをすべて開発できるプログラミング言語のSwiftを学ぶ必要性があります。ビジネスチャンスも増えるSwiftの特徴や出来ることについて解説します。

Swiftとは


Swiftは、Apple社が2014年に発表した新しいプログラミング言語。2015年に全世界へSwiftのオープンソース化されてからも日が浅いため、今から学べばiOS(iPhone/iPad)・macOS・Apple TV・Apple Watch・Linux向けネイティブアプリケーションなどの開発が可能となります。コードを簡単に読みやすくプログラミングできることを目標として設計されており、信頼性が高いコーディングを行えます。またRubyやPython同様に将来性に期待が持てる言語というのも、近年で利用者が伸びている理由です。

また、Web関連と言えばPHP・Ruby・Javaなどが主流ですが、SwiftはWeb開発も可能で、Objective-CのようにアプリとWebサーバーを別々の言語で作成する必要性がありません。また、Objective-Cとも互換性があるため、Objective-Cで開発していた環境を移行するのも簡単に行えます。
今後実績が増えていけば、SwiftでのWebサービス開発展開も考えられるようになるでしょう。

Swiftの特徴

Swiftは、RubyやPythonが持つ共通の特徴の【モダン】な言語としても注目されています。
プログラミング言語におけるモダンとは、言語仕様がわかりやすく書きやすいことを表し、RubyやPythonにJavaなどの人気言語の良いところを取り入れている特徴があります。
そして、非常に高性能なLLVMコンパイラを使用することで、プログラムを実行した際に高速処理を実現してくれます。

このような特徴を生かしてSwiftで制作できるものは、iPhoneやiPadなどのiOSやmacOSの制作イメージが強い。そのため、Swiftではmac系のアプリしか作れないと思われていますが、WebアプリケーションやWebサーバーも構築できます。また、Objective-Cとも互換性もあるため、Objective-Cで開発していた環境を移行するのも簡単に行えます。

まとめ

Swift言語のポテンシャルを引き出すことで、最先端の設計を行えます。Swiftは書き方の自由度が比較的高い言語になるため、チームで開発をするプロジェクトの場合には、あらかじめコーディング規約を共有することをオススメします。