PHP

初心者向けプログラミング言語のPHPを分かりやすく解説!

PHPを理解してWEBの開発市場で活躍しよう!

  シェア   0

PHPは初心者向けWEBプログラミング言語と言われています。しかし、実際にその概要や内容を調べてみると何が出来るのか?といった部分で、意味が分からなくなることが多いため、今回はPHPについて分かりやすく説明します。

PHPとは?PHPの特徴


PHPとは【Hypertext Preprocessor】を略したもので、広く使われているオープンソースのサーバーサイドのスクリプト言語。そして、他のプログラミング言語と比較して仕様や文法が簡単なため、初心者でも習得がしやすいとされます。
また、MySQLといったデータベースとの連携が可能なことから動的にWebページを作れるので、WordPressなどWebアプリケーション開発に多様される有名なスクリプト言語です。そのため、WebアプリケーションやWebサービスといった、Web系制作に特化したプログラミング言語と考えましょう。

C++やJavaのような書いたプログラムを実行するために、コンパイルと呼ばれる作業が必要になります。PHPの特徴はコンパイル作業が必要なく、書いたプログラムを保存すれば動作するインタプリンタを採用しているため作業効率が上がります。加えて、HTMLの記述の中にPHPを書くことができるメリットが挙げられます。

PHPでできることについて

【CMSサイト・ECサイトの構築】

全世界の4分の1がWordpressというブログ作成ソフトを使用して、Webページを作成しています。このWordpressの開発がPHPを使用して行われているため、PHPをマスターすれば自身でページのカスタマイズを行えます。また、このカスタマイズが出来ることで、クラウドソーシングなどでサービスを展開すれば稼げる手段に。

また、ECサイトの会員情報の登録や削除に商品の購入など、オンライン上決済処理・商品在庫管理や売上管理といった管理側の機能全般に、お問い合わせフォームといった機能をPHPで作成することが可能となります。

【SNS】

PHPを使用して開発されたSNSと言えば、TwitterやFacebookが挙げられます。
SNSのユーザー登録や削除機能に投稿作成。コミュニティ・グループ機能の開発にSNS上でチャット機能開発がPHPで行われています。また、現在PHPを改良した独自言語「Hack」で作成されているため、PHPと同時進行で覚えるのもオススメです。

PHPはWEBアプリのほとんどを制作することが可能になり、日本国内で作成されているCMSサイト・ECサイトでPHPが使用されていることから、カスタマイズできる力があるだけでも、かなり重宝されるプログラマーとなります。

また、「Laravel」「CakePHP」「Codeigniter」といったフレームワークが充実しいるので、初学者の方が参考にできる開発環境も整っています。

まとめ

現在、日本ではJavaやCといった言語に劣らずWEBの開発市場はとても需要が高まっています。そのため、PHPを操ることが出来るプログラマーも重宝される状況。そして、RubyやSwiftといったWebアプリの開発を行える言語をさらに学び、幅を広げていくことでベースアップにも繋がります。