Javascript

プログラミング初心者もJavaScriptについて学ぼう

WEBサイトを作成する際に重要なJavaScriptは、初心者にも学びやすいプログラミング言語!

  シェア   0

Webサイトの骨組みとなるHTMLやレイアウトの装飾を施すCSSはWebデザインの基本ですが、動きのあるWebページを作るにはJavaScriptのスキルも重要です。今回はプログラミング初心者にも大切なJavaScriptについて学びましょう。

JavaScriptで出来る事


JavaScriptとは、Webに特化したプログラミング言語(スクリプト言語)。
Webページ内で動的な機能を実現できる技術で、実行環境がブラウザに実装されているため、主にWebサイトやWebアプリなどの開発に利用されています。

JavaScriptが使用される場面は、Webページの閲覧時にポップアップを表示したり、ECサイトで購入金額などを自動で計算したりする機能。マウスの動きに反応して背景が動くWebページや、表示を切り替えるタブ機能などもJavaScriptで制作されています。

また、HTML5・CSS・JavaScriptを使用し、HTML5ハイブリッドアプリの開発も可能。iPhoneやandroidなどのスマートフォンで利用できるアプリの開発や、バーチャル空間を体験できるVRアプリの開発に、Webブラウザ上で動作するゲーム制作にも用いられています。

JavaScriptが人気の理由

JavaScriptは初心者にとって習得しやすい言語です。
その理由は、実行環境のセットアップは初心者がつまずきやすいポイントですが、実行環境を構築する必要がありません。テキストエディタでコードを打ち込んでWebブラウザで開けばプログラムを実行できるといった環境が、初心者にも学びやすく人気の高い理由とされています。

そして、JavaScriptはC++やJava、Rubyなどに比べて言語仕様がコンパクトなので覚えることも少なく、短期間で独学でも学べるだけの情報がネット上に多く存在しています。
また、便利なフレームワーク「Node.js」や「AngularJS」も有名です。
「Node.js」はチャットやSNSをはじめ、動画配信やゲームなどリアルタイムで高速な処理が求められるサービス構築に利用できます。「AngularJS」はWebアプリの開発に使われます。JavaScriptは様々なフレームワークがありますが、現在も発展段階のため情報サイトも多く存在しているので、分からないことがあれば調べやすいといったメリットも挙げられます。

まとめ

JavaScript単体で使用するだけではビジネスに繋がらない部分もあり、HTML/CSS・PHP・Rubyなどの学習も合わせて行うことが必要になります。そうすることで、さらなる高収入を生むビジネスチャンスを増やすことにもなります。今後のためにも、技術の幅を広げていきましょう。