PHP

今すぐ使えるWEBフレームワーク集で効率よくプログラミン

プログラミング初心者もプロも今すぐ使えるWEBフレームワーク

  シェア   0

機能をあらかじめ1つにまとめ、更に組み合わせも可能な形にして提供しているのが「フレームワーク」です。開発の現場で、アプリケーションを制作する上で効率よい土台になり、コードの規格書とも呼べます。フレームワークは必要不可欠となります。

おすすめフレームワーク


プログラミン言語によって使用する、WEBフレームワークはそれぞれ存在し、特徴も違います。その中でも、便利に使いこなすことで作業を軽減できるフレームワークをご紹介します。

PHPのフレームワーク 「CakePHP」

CakePHPは「PHP開発者が素早く快適に開発を行える事」を目的として産み出されたプロトタイピング型のWEBフレームワークになります。

より簡単に開発できるという点でRuby on Railsのフレームワークが先行して流行することになりましたが、この概念の取り入れ制作されたので、Railsの高速性とPHPの機動性を兼ね備え、環境構築も中級レベルの知識があれば導入しやすく、シンプルなWEBフレームワーク。

初心者でも導入することが可能にするため、サーバーの設定変更や動作環境の整備が必要ないように制作されています。企業によっては、Railsに置き換えるという動きもありますが、世界規模で「最も多く使用されているWebアプリケーション」に導入され、高いレベルのユーザが抱える要求に応える機能が備わっているため、開発現場では、まだ使用頻度は決して低くはありません。

サイトURL:https://cakephp.org/jp

Rubyのフレームワーク「Ruby on Rails」

ソーシャルゲームやECサイトに業務システムなどのBtoBの案件も、Ruby on Railsで制作されることが増えています。WEBプログラミングに対する開発速度や理解力が重要です。Rubyの経験を積むなら、必ずと言っていいほどRuby on Railsを触れることになります。そして、Ruby on Railsが使用することが出来ないと、ビジネスの獲得にも苦労することになります。逆を返せば、Ruby on Railsを使用した案件が獲得できれば、これからさらにビジネスチャンスが巡ってくると言った事にもなります。

サイトURL:http://rubyonrails.org/

Javaのフレームワーク 「Spring Framework」

現在プログラムの開発は他社との競争が激しくなり、国内企業・海外企業の枠組みだけでなく、日本国内のフリーランスまでもが参入しています。開発効率のスピードが重要視され、開発現場の効率を上げるためにフレームワークの利用は、ごく自然な流れとも言えます。

Spring Frameworkは、JavaのWEBフレームワークでWEBアプリを制作することができます。
特徴は、様々な機能のパーツを集め集合体にすることや、部分的に利用することもできるため、時短でありながらも、シンプルな開発を進められるメリットがあります。

サイトURL:http://spring.io/projects/spring-framework

まとめ

フレームワークの存在は非常にプログラマーにとっては助かる存在です。ゼロからプログラムを作成するよりも、はるかに時間効率もよく、コスト削減にも繋がるといったメリットがあります。
しかし、既にある技術を使うため、開発の効率化は見込めますが、フレームワークの詳細な仕組みを知らなくてもプログラムを作成することが可能となります。開発を1から行う場合と比べ、エンジニアの技術力の向上は期待できないかもしれません。