エンジニア

意外と知られてない?ITエンジニアにも実は色々な種類がある

ITエンジニアが扱う仕事内容を紹介

  シェア   0

Webデザイナーと業界が近いITエンジニアという職種には、様々な仕事内容があるのをご存知でしょうか?

ひとことでITエンジニアといっても、Webデザイナーに近い領域でプログラミングを行う職種から、サーバーやそのほかのハードウェアに関わる職種まで多様です。

そこで今回は、ITエンジニアが扱う仕事を内容別にまとめました。ITエンジニアという職業に興味を持っている人はぜひ参考にしてみてください。

 

Webデザイナーに最も近い「フロントエンドエンジニア」

最初にご紹介するフロントエンドエンジニアは、Webデザイナーに最も近いITエンジニアの職種です。主な仕事には以下のような内容が含まれます。

【フロントエンドエンジニアの仕事内容】

  • Webサイトのコーディング
  • PHPなどのWebサイト機能の実装
  • Webサイトのデザイン

 

フロントエンドエンジニアの主な業務は、Webサイトの見た目をブラウザ上で表示させるためのコーディングや、フォームや動的なデザインの実装です。Webデザイナーが作成したWebサイトの画像データをHTMLやCSSなどの言語を用いてマークアップすることから「マークアップエンジニア」と呼ばれることもあります。

 

ブラウザで動くシステムを開発する「Webエンジニア」

次にご紹介するWebエンジニアは、フロントエンドエンジニアやWebデザイナーと同じくブラウザ上で動くプログラムを作るエンジニアです。ただし、Webサイトのデザインや動きではなく、Web上で動くシステムやアプリケーションの開発がメイン業務となります。

【Webエンジニアの仕事内容】

  • Webアプリの開発
  • Webシステムの設計、構築
  • Webシステムの保守

 

Webエンジニアが作成するプログラムはブラウザ上の見た目だけでなく、データの送受信や暗号化などの技術が関連しています。そのため、HTMLやJavaなどの知識に加えて、セキュリティやネットワークの知識も必要です。

 

サーバーの構築や運用を扱う「サーバーサイドエンジニア」

次にご紹介するサーバーサイドエンジニアは、フロントエンドエンジニアに対して「バックエンドエンジニア」と呼ばれることもある職種です。主な内容には以下のものが含まれます。

【サーバーサイドエンジニアの仕事内容】

  • サーバーの構築
  • サーバーの運用
  • サーバーのメンテナンスや保守

 

サーバーサイドエンジニアに求められる技術は、サーバーに関する知識に加えて、OSやネットワーク、セキュリティなどに関わるものです。

 

ハードウェアに乗せるプログラムを構築する「組み込み系エンジニア」

次にご紹介する組み込み系エンジニアは、電化製品をはじめとするハードウェアに組み込まれるプログラムを扱う職種です。主な仕事には以下のような内容が含まれます。

【組み込み系エンジニアの仕事内容】

  • 機器に組み込まれるファームウェアの設計
  • ファームウェアの実装
  • ファームウェアのアップデート

 

組み込み系エンジニアには、Webエンジニアやサーバーサイドエンジニアとは異なるスキルセットが必要とされます。C言語やアセンブリ言語など、より機械語に近い言語に関する知識が必要です。

 

製品の品質テストを管理・実行する「テストエンジニア」

最後にご紹介するテストエンジニアは、リリース前の製品プログラムの品質テストを行う技術職です。主な業務は以下のようなものになります。

【テストエンジニアの仕事内容】

  • 製品のテスト内容の計画立案
  • テストの実行
  • 発見した不具合のバグの報告

 

ソフトウェアやハードウェアの動作テストは時として数百を超えるチェック項目が発生するため、漏れなく効率的にテストを行うためには専門の技術が必要です。テストエンジニアはテスト内容の計画立案からその実行、そして不具合が見つかった場合の報告などを行います。

 

まとめ

今回は、ITエンジニアの種類について解説しました。ITエンジニアにはこのほかにも、データベースエンジニアプロジェクトマネージャーネットワークエンジニアシステムエンジニアなど様々な職種が含まれます。Webデザイナーと類似する職種や遠い業種がありますので、興味のある職種があればさらに詳しい内容を調べてみてください。