キャリア

プログラミングを勉強しクラウドソーシングで独立する方法

プログラマーの働き方は様々!クラウドソーシングで独立する方法についてお伝えします。

  シェア   0

現代の働き方は必ずしも会社勤めのみが稼ぐ方法ではありません。IT技術の進歩もあり、プログラミングなどの技術を持っている方が、フリーランスで仕事を得る事も可能となっています。特にスマートフォンアプリやWEBサイトの制作案件も多く、クラウドソーシングで独立することも夢ではありません。

エンジニアが独立できるクラウドソーシング


現在、エンジニアの求人は多く、引く手あまたの状況でもあります。
企業としては、チカラあるエンジニアが欲しいため、育成よりも即戦力を期待している節もあります。
そのため、技術力のあるエンジニアの方が独立しクラウドソーシングで生計を立てる事も夢ではありません。

クラウドソーシングとは、企業より募集がある仕事をこなして利益を得る仕事の方法です。主にインターネットを使用した在宅ワークなどになります。技術を高めたい方にオススメですし、仕事の幅を広げる手段の一つとしても注目を浴びています。
また、クラウドソーシングは技術力を求められる案件も数多くあります。その分、報酬額も高いので、1ヶ月で数件完遂することで、会社勤めで得られる給料を超える事もあるでしょう。そして、仕事する時間帯も自分で無理なく働けるので生活にもゆとりを持てるようになれます。

ただ問題点もあります。仕事を受注することができなければ、収入がないだけでなく、営業力やお客さんとのコミュニケーション能力などトータル面でビジネススキルや業界の知識も必要となります。

クラウドソーシングサイトの紹介

クラウドソーシングは、インターネット上のサイトで登録を行い仕事を受注することになります。
サイトも多く、仕事を受注させるためにはどの媒体を選ぶかも重要な選択になります。

日本最大級のクラウドワークス

知名度も高く、多くのサイト・アプリ・サーバーなどの仕事案件も数多くあります。
しかし、案件や発注者のレベルも様々なので、専門の用語が伝わらないこともありますので、技術力ももちろんですが、クライアントのニーズや要件を的確にヒアリングする、コミュニケーション能力が必要となることも多々あります。

サイト:https://crowdworks.jp/

ランサーズ

クラウドワークスと並び国内でのクラウドソーシングサイトでは知名度が高いサイトとなっています。
システム開発・Web開発・デザイン制作・アフィリエイトなどのライティングの依頼だけでなく、YouTubeのオープニング用動画作成・編集など数多くの種類の業務の依頼があるため、新たなレベルアップを目指す方にはおすすめです。

サイト:https://www.lancers.jp/

ココナラ

当初は「ワンコインで頼める」ことを売りに500円の案件のみしか取り扱っていませんでしたが、現在では高額の案件などもあるため、本業とは別に副業として空いた時間に、お客さんの質問を解答するだけで500円など隙間時間を生かして行える仕事などで収入を増やすことでも使えるソーシングサイトです。

サイト:https://coconala.com/

まとめ

クラウドソーシングは、技術力を高めたキャリアがある方が独立して働くこともできますし、初心者の方が力を付けるためや仕事の幅を増やす為に、どのような言語を学んだらビジネスに繋げる事ができるかどうか調べる場としても使用することが出来ます。

サラリーマンの平均年収が400万円と言われる中で、クラウドソーシングで年収1000万円以上稼ぐトップクラスの方もいらっしゃいます。個人の力で稼げるクラウドソーシングに興味がありましたら、報酬の単価が低くても自分が出来るレベルの仕事もあるはずですので、一度登録し、仕事を受注してみるのもいいでしょう。